観光を楽しんで温泉で疲れを癒やそう

初詣対策をする

初詣に訪れるのに幾つか注意点

鎌倉初詣で沢山の人が訪れる「鶴岡八幡宮」では、いくつか注意すべき点があります。それは、三が日は人がとても多いということです。鶴岡八幡宮は大きな由緒ある神社なので、鎌倉初詣では沢山の人が鶴岡八幡宮に訪れます。全国でも有数の初詣スポットと知られているので、三が日の間に訪れるなら沢山の初詣客の対策を行うことが必要になります。まず参拝できる時間ですが、大晦日から3日までは終日いつでも参拝することが出来るようになっています。ですから、鎌倉初詣したいと考えているなら人の少ない早朝を狙うのが良いです。お店などは開いていないこともありますが、屋台などで買い食いすることもできるので問題ありません。駐車場など昼間だといっぱいになることもあるので注意が必要です。

鎌倉初詣は車ではなく公共交通機関が良い

鎌倉初詣へ訪れる方は、公共交通機関を利用か車になると考えられます。電車などで来る場合は駅から徒歩10分と近いのでとても便利です。車となると、どこへ車を駐車すればよいのかが重要になります。駐車場は利用規制、交通規制などを行っている所もあるので、みつけるのが大変です。一番良いのは、ひと駅先や二駅先など近辺の駅に駐車して電車利用で来る方法です。駐車場をみつける時間のロスもないですし、ストレスも減るのでおすすめの方法となっています。人混みが嫌だという人は、3が日を避けて訪れるべきです。大晦日と、お正月の3日間の間はどうしても人が多くなってしまいます。3日を過ぎれば、人もだんだんと減ってくので、おすすめです。